たこうおのめの違いを御存知ですか?

 たこうおのめはよく耳にしますが、区別がつく人は少ないと思います。両方とも足底、手足の指の間、足関節など一定の場所に摩擦や圧迫などの刺激が繰り返し・加わることにより、角質が増殖して皮膚が厚く硬くなる病気です。「たこ」は圧迫の加わる場所が盛り上がっているもので「胼胝(べんち)」と呼ばれるのに対して、「うおのめ」(図1)は平らで魚の目のように見えるもので俗に「鶏眼(けいがん)」と呼んでいます。

1. たこうおのめができる原因

 足の形に合わない靴や底の硬い靴をはいたり、足の一部だけが圧迫されるような歩き方の習慣により、一定の部位に繰り返し刺激や加重が加わることによってできます。成人になるにつれて足の形がだんだん変形し脂肪組織が薄くなるためクッションの役割を果たすはずの足底に刺激が加わることとなります。特に脳卒中後の麻痺や慢性関節リウマチなどの疾患を患っている人は足が変形し、一定の部位に体重がかかりやすくなります。立ち仕事が多い職業についている人やつま先の細いハイヒールをはく人や偏平足の人にできやすくなります。

2.たこうおのめができやすい部位

うおのめは足底、足指、足指間にできやすく、特に足の裏の前半分と足の外側(小指と薬指)にできやすく、たこはこれらの場所以外にくるぶしや手指などにできやすくなっています。鉛筆やペンをよく握る人は「ペンだこ」、正座をすることが多い人には「すわりだこ」、テニスなどのスポーツにいそしむ人には「ラケットだこ」などが有名です。

3.症状

うおのめ表面がつるつるで角化しており、中央は魚の目のように見えるところがあります。中心部にくさび型に硬くなった「角質柱」が見られ、これが痛みの原因であり、圧迫すると強い痛みがあります。これに対してたこうおのめと同じように表面はつるつるで角化して角質が厚くなりますが、圧迫してもあまり痛くないのが特徴です(図2)。

4.治療

 硬く盛り上がった角質が痛みの原因なので、これを削り正常の皮膚と同じような状態にもどします。スピール膏などの角質軟化剤を使って硬くなった角質をやわらかくしてから削るとより効果的です。スピール膏をじょうずに貼ることが大切ですが、うおのめたこより少し小さく切ってバンドエードのガーゼの部分を取り除き、残りの粘着部分を利用すると貼った部分がずれることが少なく確実にやわらかくすることができます(図3)。
 またイボによく使われる液体窒素による冷凍凝固を行うと比較的深く切除することができます。しかしながらこの病気は繰り返される刺激が原因ですので、いくら削っても靴や姿勢などの原因を除去しない限り再発します。

5.予防

1.軽症の場合は靴の改良により軽快します。特にたこは刺激を与えないようにすれば自然に治ってしまいます。足の形に合った靴をはき、厚手の靴下をはいて靴と足との摩擦を少なくすることが大切です。

2.つま先に負担がかかるハイヒールや底の硬い皮靴などはできるだけひかえましょう。

3.長時間の立ち仕事や歩行など一定の部位に体重がかかることを避けましょう。

4.市販されているうおのめパッドなどを利用して衝撃を和らげましょう。

6.最後に

たこを放置すると、悪化してうおのめとなり、歩くたびに痛みを感じるようになるので早めに手当てをしましょう。またたこうおのめと混同されやすいものにイボがあります。イボはヒト乳頭腫ウイルスと呼ばれるウイルスが原因です。治療は液体窒素による冷凍療法が主に行われます。正しく診断されることが大切ですので早めに医療機関を受診してください。

     医療法人将優会クリニックうしたに
                      理事長・院長 牛谷義秀


社団法人宮崎県トラック協会